ロマンス急行かわね路号

月に1回程度、大井川鐵道に乗りに行ったときとかに更新されるブログかもしれない。 ブログというかただの忘備録


戦姫絶唱シンフォギア 4期5期決定おめでとうございますッ!

2015年08月

8月14日
大学時代の先輩、後輩と3人で東京都交通局の1日フリーパスを使いちょっくら都内を巡ってきました。

DSC03830
まず訪れたのは地下鉄博物館。
何気に来るのは初です。

DSC03837
入口入ってすぐの目立つところにあるこの2両の電車
まずはこいつらから見ていきます。

DSC03839
まずは赤いこいつ。営団300系
鉄道ファンでなくとも知ってる方は多いでしょう丸の内の旧型車ですね。
しかし意外と写真撮りにくいのな(

DSC03836
DSC03833
DSC03835
ざっと車内を見学。博物館収蔵車両だけあって状態は良好です。
天井には営団地下鉄のマークも残っています。
廃車時に三越で競売にかけられたこともあり、この地下鉄博物館以外にもかなりの数が保存されてます。
一部は未だにアルゼンチンで現役ですねw

DSC03831
続いては隣にある1000系。
銀座線の開業時の電車で、今の都内の地下鉄すべての基礎になったと言っても過言ではないかもしれない車両。
現在銀座線に導入されている新1000系はこれの塗装をモチーフにしてるのは良くテレビとかでも紹介されてます。

DSC03843
ちなみにこいつは国の産業遺産に認定されてます。

DSC03848
DSC03845

車内はこんな感じ。
車内灯の光が直接乗客の目にあたりにくいように照明は間接照明を採用しています。
当時としてはかなり画期的。
またつり革は使われない時には車体外側に跳ね上がる構造のリコ式つり革ってのが採用されてます。

DSC03850
車掌スイッチと非常灯。
非常灯は第三軌条集電ならではの設備。継ぎ目で車内灯が消えたときにポッと点くあれ。
まあ世代的に自分は経験したことないんですけどね・・・

DSC03846
車内の注意書き。
たばこを「吸う」のではなく「のむ」という表現に時代を感じますなw

DSC03854
がんばってよく雑誌とかで紹介されてるアングル狙おうとしたけど意外と無茶だった(

DSC03860
保線に使う軌道モーターカー
なかなか可愛い形してますw

DSC03853
DSC03858
車両以外にもカバンやブレーキといったものや地下鉄のトンネルを掘るための機材など本当に色々あります。
この辺はまたじっくり見たいもので。

DSC03864
パンタグラフ。ボタンを押すと上げ下げ出来ます。
ちゃんとエアーで上げてるので何度も急に上げ下げするとエアーが無くなってしばらく上がらなくなってしまうようで注意書きが貼ってありました(

DSC03865
DSC03867
モーターのカットモデル
こういうモデル自体は結構色々な場所で見ますが、同じ直流直巻モーターでも全然違っていたりでなかなか興味深いです。

DSC03879

DSC03870
続いてはこれ。100形。カットモデルですが実物車両です。
後に銀座線の一部となる東京高速鉄道の電車だそうで。

DSC03871
DSC03873
車両の構造を理解する教材みたいな感じになってて、ドアエンジンのあたりが透明になって見えるようになってます。
また車掌スイッチでドア開閉を体験できます。実際楽しい。車掌スイッチ下にあるブザーボタンもちゃんと生きてて押すとブーって鳴りますw

DSC03876
100形の前には台車が置かれていて、100形の運転台のマスコンとブレーキを操作するとそれにしたがってモーターが動きます。
ちなみにこの台車は釣り掛け駆動。マスコン入れると唸る唸るw

DSC03881
シュミレーターも体験してきました。自分がやったのは6000系と01系
01系はブレーキ、マスコン両方とも縦ハンドルなので不思議な感じ。こりゃ熊電の人達慣れるの大変そう(

6000系のシュミレーターは何というかもう凄いとしか言いようがなく。
カーブ曲がると傾くしポイントわたると揺れるしGは来るし、今までやった運転シュミレーターで一番実感的だった印象。これはまたやりに来たいわ。とにかく物凄い。

この辺で地下鉄博物館離脱。またじっくり来たいところです。すごい楽しかった。

DSC03894
続いては都営バスの観光路線「夢の下町号」に乗車
浅草とかスカイツリーとか上野松坂屋とか、都内の有名スポットを巡る路線だそうです。
正直こんな路線あるなんて初めて知った(
バスは専用のものが使用されます。下車時に撮影した車内はこんな感じ。
ちなみに日野のレインボーをベースに車体を改造したものだそうで。種車の面影ほぼなし。
なにこれすごい

DSC03910

ここからはバスを撮影しつつぶらり旅。
まだまだバスについては全然詳しくないですが最近旅先でちょくちょく撮影するようになってきました(
まずは西工。幕車は都営バスではだいぶ少なくなってきたようで。

DSC03903
DSC03907
さっき乗ってきた夢の下町号
銀の車体だから目立つ目立つw

DSC03917
ブルーリボン2
こいつに乗って次の目的地に

DSC03920
途中で都電に乗り換えます。
来たのは9000系。これに乗るのも久しぶりかも。

DSC03921
荒川車庫前で下車します。

DSC03924
DSC03925
都電思い出広場を見学しようと思ったんですがこの日は金曜日で開いておらず(
しょうがないんで柵の外から数枚撮った程度に。またここもリベンジしなきゃな場所。

DSC03929
DSC03933
荒川車庫の裏手に回ってみます。
保存車の6000形や花電車の花100などがいますね。
DSC03929
他にもこの日は運用の無い車両や部品取り車になったと思われる7000形が置かれていました。

DSC03939
そういえば思い出広場の自販機は広場に保存されてる車両と同じ色に塗られてるんですね。
言われるまで気づかんかった(

DSC03942
8500形に乗って次の目的地、あらかわ遊園へ

DSC03944
DSC03954
ここ、あらかわ遊園には下町都電ミニ資料館なるものがあります。
小規模ではありますがこんな感じで資料とか模型とかが色々展示されています。

DSC03962
なんでウルトラQのロマンスカーがあるんだ(
てか、こんな製品出てたんだ・・・

簡単に説明すると、このプラレールは特撮番組 ウルトラQの最終回にあたる「あけてくれ!」という話に出てきたロマンスカーをプラレール化したものです。
ちなみにこの話には都電が宙に浮かんで消えていくシーンもあり、そういう意味ではまんざら無関係とも言えなかったり。

DSC03955
あらかわ遊園といえば忘れてはならない一球さん。
荒川車庫にいたのと同じ6000形ですが幕のあたりの形状がちょっと違います。
DSC03957
この6152号、晩年は動態保存車として最後まで残った車両ですが2000年の京福電鉄での事故がキッカケとなり引退、その後荒川車庫に一時保管されていましたが現在はこのあらかわ遊園で保存されています。
ちょっと痛みはありますが屋根なしで野外保存の車両としてはかなりきれいな状態を保ってますね。
DSC03961
車内はこんな感じ。いかにも一昔前の電車らしいレトロな雰囲気です。
んー動いてる時に乗りに来たかった・・・

この辺で雨もぱらつき始めたのであらかわ遊園を離脱。

DSC03965
DSC03966
都電と都営新宿線を乗り継いで岩本町へ。
秋葉原ぶらついた後に解散となりました。


8月11日

前日の富士急の興奮冷めやらぬ翌日11日
この日は火曜日。大鐵ではトーマスがおやすみでジェームスが単独で走る日です。
まあこの日も休みだし行かないわけにはいくまいッ
と、事前にチケット抽選予約をしてみたわけですが、見事に外れまして(

それでも諦めきれず当日のキャンセル待ちで乗車チャンスあるかも、というわけで早起きして大井川に向かったわけであります。

DSC03478
朝7時50分ころの電車で新金谷へ。
どれくらい並ぶかわからないので早めの行動。

DSC03480
そういえば乗ってて気づいたんだけど、南海の運賃表って何気に笹間渡が川根温泉笹間渡になる前のやつがついてるんですね。
てか、この時から通常運賃変わってないのにビックリ。

DSC03483
新金谷到着。
南海がもう1編成スタンバイ中。東急はここにいるってことはこの日は金谷新金谷ピストン後に臨時急行のスジかな。

DSC03493
プラザロコの前に並んでキャンセル待ち券を受け取ります。
早めに来たので前から8番目くらいでした。
あとから結構列が伸びて20人以上並んでましたね。
空席表を見たところ新金谷発の千頭行きはほぼ満席で空席は10席あるかないか。
一方の千頭初新金谷行きはもう少し空席があったので、千頭発の方を申し込みました。
結果が出るまで新金谷をブラブラ。

DSC03500
E101が出てきて入換開始。

DSC03495
車両区ではジェームスがスタンバイ中。出庫前に自慢の赤いボディを磨かれてご満悦って感じでしょうかw

このあたりでプラザロコに戻ってみると結果が出てました。
なんとか千頭発の便の座席確保。やったぜ。

DSC03505
ジェームス券を受けとり再びホームへ。
いつのまに新金谷も縦列停車やるようになってたのか(

BlogPaint
近鉄16003の普通列車で千頭方面へ。
千頭行きのジェームスは家山で狙います。

DSC03510
家山到着。

DSC03513

DSC03519
家山名物となりつつある3000系。
引退してから1年半くらい、家山の留置ももう1年近く経つのかな。
3008号の方は車体の塗装割れも増え痛々しくなってきました。
どうするんだろうなぁこれ。

DSC03522
3507号の方は色あせこそあるもののまだかなりマシな感じ。
鳩マークもわりときれいです。

DSC03516
E33
こちらも再び色あせが目立ってきました。

DSC03531
改札を出て駅の横で。ここでジェームスと3000系の並びを狙います。
練習がてら南海21001の臨時急行。

DSC03543
定期の普通列車と交換です。
こちらも南海。近鉄が動けるのが1編成のみ、東急が2両連結で運用されている今は同じ車両同士の行き違いが見れるのは南海だけになってます。

DSC03549
普通列車発車後しばらくして汽笛が聞こえてきて煙が見えてきました。


DSC03552
DSC03553
定刻通りジェームス到着。
目が見事にホーム側を向いているせいで見事にスルーされる京阪特急って感じにw
「電気で動く特急電車より僕の自慢の赤いボディの方が美しいもんね!」
高飛車な性格のジェームスらしい感じになったような気がしなくもないですね。

DSC03560
そういえばジェームス+オレンジ客車を見るのは初。
前回はトーマスも動く日だったので茶色旧客とお座敷+展望でしたしね。

DSC03565

DSC03568
運転停車程度なのですぐ発車していきます。
この日の補機はE102。

DSC03577
この後は後続の普通電車で千頭に向かいます。
まずは金谷行きの急行が到着。

DSC03583
後続は先ほどの21003が折り返し。
朝に続いて本日二度目の乗車。

DSC03586
DSC03590
千頭に到着。
ジェームスは入換終えて後ろの方に。
乗務員さんにより車体を磨かれてます。トーマスの時はここまでやってなかったような・・・
さすがピカピカの赤いボディが自慢のジェームス。この辺も抜かりないというか。
大鐵側のこのこだわりには頭が下がる思いです。

DSC03593
おなじみ縦列停車。

DSC03597
いったん改札を出ます。
昨年は休憩所だったSL資料館、今年は展示物を昨年以上に片付けてトーマスのグッズショップとなっておりますw

DSC03603
DSC03609
今年は大鐵開業90周年と同時に井川線のアプト区間開業25周年でもあります。
井川線にも記念ヘッドマーク付けた編成が。

DSC03610
DSC03612
DSC03615
DSC03629
今回は外のエリアから転車台回転を見学。
ホームのエリアも凄いけどこっちもこっちで凄いね・・・

DSC03630
お昼は千頭の駅ソバ。
夏恒例のおろしソバ。
夏に千頭にくると結構な頻度でこれ食ってる気がします。

DSC03633
入場券買って有料エリアへ向かいます。

DSC03634
トーマスかジェームスどちらか1本の時は必ずこの位置ですね。

DSC03636
緑と黒と赤いヤツラ。
平日ということあって土日に比べれば少な目ですがまずまずの人というか、普段の平日の千頭駅に比べりゃトンデモレベルの人です。

DSC03642
DSC03643
今回はヒロの運転台へ。
真横がジェームスなので運転台をじっくり観察できますね。

DSC03646
そんなことしてたら定期SLの時間。

DSC03648
DSC03651
定期のSL急行も満員。
トーマス、ジェームスに乗れなかった人達がこっちに流れたりするのもあってか、ほぼ空席無しの満員になる日もあるみたいですねぇ。

DSC03654
定期SL急行が来るとまたさらににぎやかさが増しますね

DSC03655
あまりに暑すぎたのでアイス重点。

DSC03656
定期SLはC11190でした。
DSC03657
DSC03667
ジェームス号の前の普通列車がいくとホームからでも3並びは見れます。

DSC03670
しかしそれもつかの間。すぐに近鉄が転線してきます。

DSC03680
そろそろジェームス出発の時間が近づき、3並びは終わりの時間。
線路に柵が出されジェームスがゆっくり出てきます。

DSC03682
DSC03683
DSC03684
DSC03686
DSC03688
デッキの作業員さんがジェームスの目ん玉をグリングリン動かしながら前進してきます。
写真ではわかりませんがかなりの速さでグリングリン左右に動かしてきたのでもう変な笑いでるwwwww

DSC03691
そういえば今更気づいたんですが、16003って副表ひっかけるフック残ってるんですねぇ。
今は種別表示として使ってるのを今まで通り行先表示にして、急行の時はここに急行って出すのじゃだめだったんかしら

DSC03698
そんなこんなで発車時間が近づいたのでジェームスに。
7両だからジェームスはホームからはみ出ます。

DSC03700
自分の席は新金谷行きだと後ろから2番目になる6号車。
オハ47 81 元国鉄清水港線の子ですな。

DSC03703
千頭駅出発。

DSC03710
最後尾に近いのでカーブでは赤い車体が良く見えますねw

もちろん車内ではジェームスの声の放送が入ります。
ジェームスの放送が入るのは
千頭発車時
下泉駅
笹間渡
抜里
家山
新金谷

でした。
トーマスのセリフ使いまわしかな?と思ったら結構違ってていかにもジェームスらしい、ほどよくウザい感じになってますw
笹間渡通過時の「僕はこの鉄橋を渡るのが大好きなんだ!なんてったって、僕と同じ赤い色をしてるからね!」ってのには笑ったなぁ。お前どんだけ赤好きやねん。

DSC03725
踏切で待ってる人、沿線の人、もうみんな手を振ってくれます。
乗ってるこっちも楽しくなりますね。

DSC03738
DSC03756
しかし赤い車体目立つこと目立つことw

まあそんなこんなで新金谷到着でございます。

DSC03779
DSC03782
DSC03783
おなじみとなったC12164を引き出す光景。

DSC03787
ジェームスがC12をどかしに行っている間に入換のためにアント車両移動機が通過
転車台周辺に集まってる人が「変なのきたぞwwww」「なんじゃありゃー」と沸きましたね・・・

DSC03790
ジェームスが戻ってきました。

DSC03806
今回のイキイキジェームス
やっぱ日が当たると表情の印象変わってかなりいい感じになりますね。

DSC03812
DSC03817
無事向きを変えて終わり。
満足。今回は予定もあるのでそろそろ撤収します。

DSC03819
いつもの橋の上より

DSC03827
そういえば長らく留置が続いていた16002Fに小変化が。
ようやく車体のパテ盛り&錆び止め塗り補修が始まりました。16001Fの件もあったしこのまま廃車ということも十分考えられたわけですが、もう少ししたらまた元気な姿を見せてくれそうです。

DSC03829
あと車両区の方で16003Fがまた物騒な動きしてました。
またなんかあったんかな?

というわけで撤収。
夏に自分がジェームス走るの見るのは今年はこれが最後かなw

8月10日

色々あって会社のお盆休みが8日から16日の9日間というトンデモな日数もらえてしまったので、どっか今まで行ったことないとこ行ってみたいなぁ・・・ということで10日に富士急行へ乗りに行ってきました。
山梨って静岡とは隣の県だけど意外と遠くて実はほとんど行ったことなかったのでした(
もちろん富士急も初乗車です。

DSC03160
今回の移動は18きっぷ。
途中沼津で乗り換え。
逆側ホームに止まる211系5000番台。
最近一部編成にクリアテールライトになったものが出てきて話題になってますが、どういう基準なんでしょうね?
てっきり検査に合わせてやってるのかと思いきや、明らかに検査出たばっかのピカピカの床下なのに普通の赤テールのままの編成もいるし。

DSC03166
ここからはE233系に乗り換えます。

DSC03170
横浜で横浜線に乗り換えさらに進みます。
なお乗り換えミスって本来乗る電車が見事に目の前で行ってしまう大ポカをやらかした模様。

後続の電車に乗り橋本駅でいったん乗り換え。(乗った電車が橋本どまりだった)
相模線の205系。こいつらはまだ置き換えとかの話は聞きませんね。
DSC03175
相模線を尻目にさらに先へ進みます。
またE233系。ちょっと前までは205系がゴロゴロしてた印象だったのにガラッとイメージ変わりましたね。

DSC03182
八王子でまた乗り換え。
少し時間があったので貨物を撮影。先頭EH200、コキ&タキ混結でした。

DSC03188
ここからは中央線で。またE233系(
こうして連続して他路線の同じ形式に乗ると車内とか結構違ってて意外と面白いです。

DSC03190
高尾駅でまたまた乗り換え。
・・・初めて来たけど、ここは本当に東京都内なのか!?って言いたくなるのどかさ。
東京にこんな場所あったんだ・・・
DSC03191
中央線をさらに進みます。
ここからは211系。一応中央線のニューフェイス?
どんどんこっちに転属が続いて気付いたら115系はもう1編成しか残ってないのに驚き。

DSC03193
1000番台なので車内はクロスシートでした。

DSC03197
本当に都内なのかと疑う山の中の田園風景を駆け抜けながら山梨に向かいます。
いや本当にのんのんびよりにでも出てきそうな風景だよこれ。

DSC03200
大月駅到着。
たぶん5時間ぐらいかかった(
18きっぷ縛りだったから仕方ないね。
ここから富士急に乗り換えです。

DSC03204
DSC03207
JRの改札をちょうど入線してきました
富士急1000形、ご存じ京王5000系の譲渡車ですね。ちなみに京王5000系を見るのも何気に初だったりします。

DSC03213
発車まで少し時間あったので軽くお昼。肉と大根おろしにポン酢がかかった蕎麦。夏限定メニューらしいです。
めっちゃ美味かったッ!ちょうど冷たいものも食べたかったので満足。

DSC03216
富士急の大月駅駅舎
神社みたい。

DSC03218
撮影予定地へ向かいます。
富士急って自動券売機の磁気券だけど改札は有人改札なのね。

DSC03223
ホームに待機中の1000形に乗ります

DSC03225
京王5000系って見た目は近代的だけど運転台はいかにも一昔前の電車って感じなんですね。
富士急のは車内が結構いじられてて新しい感じがするから運転席がなおさらレトロに感じます。

DSC03227
途中で赤いマッターホルン号とすれ違い。井川線みたいな色してんなぁw

DSC03230
行き違いのために停車中。

DSC03233
対向の列車はフジサン特急8000系
ご存じ元小田急RSEですな。マニアの間では賛否のわかれるトンチキな外観ですが個人的には嫌いじゃない。むしろ好きな方。
RSEの丸みのあるデザインが意外とマッチしてる気がするんですよね。
DSC03234
とりあえず鼻汁垂らしてるこいつがすごいジワジワくるw

DSC03238
フジサン特急を見送って再び発車です。

DSC03241
最初の下車駅は東桂。
ここから歩いてポイントに向かいます。

DSC03242
今回のポイント。比較的駅からすぐ行ける場所を選びました。

DSC03247
DSC03251
まずは1000形。富士急の旧塗装。

DSC03258
さっきのフジサン特急が折り返してきました。

DSC03265
DSC03267
こうやって側面をみると中間車は意外と大きくいじってるんですねぇ。

DSC03272
そして続いてきたのが本日のメインターゲットその1ッ

DSC03273
DSC03277
同じくフジサン特急の2000形
元国鉄165系 パノラマエクスプレスアルプス
現役最後の165系であり、しなの鉄道の169系が引退した今となっては国鉄の直流急行型電車の最後の生き残り。
既に1編成引退し、この編成もJR東海の371系改造の8500系による置き換えが決定しているので風前の灯。

ぶっちゃけ今回富士急に来たのはこれが見たかったってのが大きいです。消える前に来れてよかったw

DSC03284
そろそろ次も撮影地に移動します。
東桂の駅舎はこんな感じ。

DSC03290
トーマスランド号が来たので撮影。
トーマス列車の中では結構な古参です。

DSC03295
反対側のホームの踏切より。
この113系を2ドアにして国鉄気動車の顔くっつけたような形結構好き。
ちなみにこいつは1本しかいないので運用が公開されています。

DSC03304
マッターホルン号で1つ次の三つ峠駅へ

DSC03307
ちなみにマッターホルン号はこんな感じで車内広告が姉妹鉄道のマッターホルン・ゴッタルド鉄道の宣伝になってます。アルプスの氷河急行で有名な鉄道ですね。

DSC03310
三つ峠駅到着。
列車待ち合わせだそうなのでホームで待ってみることに

DSC03315
やってきたのはこいつ。富士登山電車。
1000系をベースにJR九州の車両デザインでおなじみの水戸岡さんがデザインした観光列車です。
DSC03325

DSC03326

結構長く止まるようなのでじっくり撮影。
1000系は3ドア車なのですが、富士登山電車に改造するにあたって中間の扉は埋められ2ドアになっています。
車内はさすが水戸岡さんというか種車の雰囲気が全くありませんw 凄い豪華です。
DSC03318
同じ車両でも塗装だけでだいぶ印象変わるもんですね。

DSC03320
マッターホルン号が出て行ったので駅を出て撮影地に向かうことに。

DSC03331
!?

いやホームから堂々と見える改札前にこんなんいきなりあったらビビるよね(

はい、というわけでここ三つ峠はアニメ「ヤマノススメ セカンドシーズン」の2話~4話に登場したいわゆる聖地でございますw
作中には富士急1000系の京王リバイバルカラーや6000系もちらっと登場してましたね。

ちなみに自分、アニメに登場したのが三つ峠だったことをすっかり忘れておりまして(汗
6月の飯能に続いて計らずの聖地巡礼になってしまったのでしたw

もう放送から1年経つのにまだ残ってるとはなぁ。

DSC03332
隣にはトーマスの看板も立ってます。
なにこの並び・・・w

DSC03333
三つ峠の駅前は本当に三丁目の夕日にでも出てきそうな建物が。
オート三輪がいても違和感なさそうw

DSC03335
うどん屋は休みでした(

DSC03344
撮影ポイントに移動し撮影開始。
まずは1000形。さっき乗った編成が折り返してきました。

DSC03355
DSC03358
続いて2000形
ここで撮ってて初めてヘッドライトがHID化&シングルアームパンタグラフ化されてることに気付く(
HIDライトにシングルアームパンタの165系・・・相当なゲテモノと化してますなぁw

DSC03366
待っていると聞こえてきたJR東のミュージックホーン

DSC03376
まさかの成田エクスプレスE257系登場です。
ちょうどこの日が乗り入れ日だったようで運良く撮影できましたw

DSC03385
続いてやってきたのが本日のターゲットその2


DSC03390
富士急のニューフェイス6000系
見ての通り205系。しかも田窓の極初期車です。
デザインはこれも水戸岡さん。個人的に水戸岡さんデザインの通勤型電車で一番好きなデザインなので何としても会いたかった車両です。

DSC03402
DSC03407
つづいてトーマスランド号の折り返し

DSC03412
DSC03415
マッターホルン号の折り返し

DSC03425
最後に富士登山電車の折り返しを撮影したところでそろそろ時間。
撤収します。

DSC03432
三つ峠駅に戻ってきました。
しかし看板の存在感がハンパないw

DSC03442
帰りの電車は6000系でした。
まさか乗れるとは思ってなかったんでラッキー
ちなみにこの編成だけ量産車で窓が違います。
205系では少数派だった田窓車が富士急では多数派、この量産車窓は1編成しかいません。
DSC03445
先頭車改造側。
よく見ると側面幕を埋めてあって切りついであるのがわかりますね。
原型の運転台をそのまま切り継いであるのでパッと見は中間車改造とはわからないです。

DSC03451
DSC03452
大月に戻ってきました。
他のお客さんが降りた後車内を軽く撮影。
205系のレイアウトそのままなんですが、水戸岡さんのデザインによってまるで九州の電車みたいになってますw
形はそこまでいじらなくてもここまで印象変わるもんなんだね。



DSC03458
妻面にはJR東の銘板も残ってます。
最下段は改造担当の東日本トランスポーテックの銘板です。

DSC03455
本日何回目かわからないマッターホルン号との遭遇。

DSC03464
マッターホルン号を見送り。
満足。帰ります。

DSC03465
今回は18きっぷということで大月まで出るのに時間がかかってしまい、そこまで多くは回れませんでした。
今度はもっと早い手段で来てじっくり回りたいですねぇ。

DSC03476
あ、帰りにスーパーあずさ見れました。
こいつもそのうち消えるのでなんとか記録で来て良かったですw

おわり

8月1日
夏真っ盛りのこの日も川根の方へ。
よく大鐵沿線でお会いする人達のグループからお誘いを受け、またビール列車に乗ってきましたw

DSC02773
集合より少し早目に新金谷へ。ビール列車の準備を眺めます。
この日の牽引機はホイッスル警笛のE101。

DSC02780

DSC02782

DSC02785
受付開始にもまだ時間があったので車両区の方へ。
おやぁ?もう普段ならSLの入換&入庫は終わってるはずの時間なのにC11190がジェームスのC5644を牽いて出てきました。

DSC02787
DSC02799
黒いSLと赤いSLがこうして連結してるのも珍しいのでまったり観察。

DSC02803

DSC02809
そうこうしていると、2台のSLが退いた線路に16003が入ってきました。
はて?普段電車がこの線路に入ることってめったにないんだがなぁ・・・

DSC02810
DSC02815
DSC02819
DSC02826
そのまま車両区の人達が屋根に上がって作業を始めました。
どうやら冷房が故障していたのか、予備品と思われる冷房を載せ替えています。
予備品の方もそれなりに使い込まれた感じだし、16001の解体発生品?

この辺で集合時間となったので改札へ向かいます。

DSC02832
AK3コンプレッサーをガシャガシャ言わせながら待機中。

DSC02836
ちなみに今回乗るのはお座敷のナロ80です。
前回の7月が展望のスイテ82だったのでまた違った雰囲気が楽しめます。


DSC02835
前回乗った際にはついたままだった天井のトーマスの旗は外されていましたが車内のポスターはそのままでした。
いじわるディーゼル

DSC02839
夕暮れにホイッスルの甲高い音色が鳴り響き出発です。
さあ飲むぞッ

DSC02840_2
スイテの豪華な雰囲気も良いですがナロの和な雰囲気もまた良いもので。
しかし元電車とは到底思えんなぁ本当に

DSC02844
福用のあたり

DSC02854
スシを補給している

DSC02865
家山ー

DSC02873
抜里ー

DSC02881

DSC02884
笹間渡ー
コテージでバーベキューしてる人たちにハイテンションで手を振るのはお決まりというかw

DSC02899
DSC02910
進むにつれ徐々に日も落ちてきます。
夕暮れ見ながら川風浴びながら飲むビールは格別だゾッ!
前回が曇り気味だったのでちょっと嬉しい

DSC02915
215の方にも行ってみます。
夕暮れもいい雰囲気だけどやっぱり夜の方が白熱灯がもっと雰囲気でるなぁ
帰りにまた来ます


DSC02919

DSC02920
そんなこんなで千頭着。
ついたら速攻で入換開始です。ダイヤに余裕がないというか折り返しまで15分しかないんだよね。
DSC02924
この日は入換の時のみ両側ともにヘッドライトを点けた状態でした。

DSC02929

DSC02951

DSC02949

お ま た せ
今 日 の 事 案 ッ

もうお約束というかなんというか。
ビール列車乗ってきた人の大半がパーシーとヒロの前でフラッシュ焚いてバンバン撮ってこえーこえー言ってましたw
みんな考えることは一緒である(

DSC02942
その一方でこんな光景も見れたりするんですね。
井川線の3並び。

DSC02956
そろそろ返しの時間なんで車内に戻ります。

DSC02968
グループでご一緒した方が持ち込んだロールケーキ。めっちゃ美味かったです。

DSC02975
白熱灯に照らされながら飲む酒は最高っすよッ

DSC02983
この日は月もきれいでした。
いやー良い夜汽車旅w

DSC02992
新金谷到着。
金谷への臨時普通列車は7200系。

DSC02988
って!ちょっと幕臨時じゃないの!!
撮影会以外では初めて見たぞ!
もうこの時点で酔いのせいもあって大興奮。

DSC03000
側面サボは何も入らず白幕です。
これはこれでまた珍しい。

DSC03008
DSC03013
金谷到着。
改めて臨時幕の7200系を撮影してこの日は帰路につきました。

7月25日

この日はJR東海浜松工場の公開の日。
在来線車両展示が無くなってからは足が遠のいていたんですが、ちょうど西方面に予定があったのと、今年はドクターイエローで車体上げを行うと聞き久しぶりに足を運びました。

浜松駅で蒼風翔さんと合流し路線バスで浜松工場に向かいます。
無料シャトルバスだけでなく有料の浜松工場臨時直行便も出てるんだな・・・

DSC02477
今まで入場口として使われていた東門が工場の改装工事のため閉鎖中のため今回は西門からの入場です。
何気にこっちから入るのは初めて。
にしても列長かったな・・・

DSC02482
DSC02484
西門にはこんなモニュメントがあります。
西門来るの初めてだからこんなのあったなんて知らんかった(
0系新幹線の廃車発生品のスカートを組み合わせてダブルチェックのシンボルマークをモチーフ作ってあるようです。


DSC02487
お目当てのドクターイエロー車体上げは長蛇の列でしたがわりとあっさりもらえました。


DSC02492
DSC02495


DSC02498
DSC02499


DSC02502
DSC02504


DSC02510

DSC02514
DSC02515

DSC02519
DSC02516
在来線車両展示が工場の改装で出来なくなって以降はこんな感じで新幹線の保線車両展示をやっているようです。
詳しい説明は省略(

BlogPaint
説明板こそありませんでしたが入換機関車も展示されていました。

DSC02523

現在浜松工場は改装まっただ中。
前回来たのが5年以上前なので変わったところと変わってないところの違いが新鮮です。

BlogPaint

室内で展示されていた噂の玩具、リニアライナー
早い。いや本当に早いw
本物のリニアと同じ機構で動くとは聞いていたけどこんな早くて目で追うのが大変だとは・・・・

DSC02543
DSC02550
時間になったので黄色の車体つりの場所へと移動します。
しかし凄い人。ドクターイエローのネームバリューの凄さを改めて思い知らされます。

DSC02558
検修ラインの説明板
全検はこんな手順で行われています。編成の分割すごいめんどくさそう(

DSC02559
自分たちの場所はちょうど台車の前。
ドクターイエローの台車をじっくり見るのも初めて。形状は700系ベースですね。

DSC02572
DSC02577
DSC02580
DSC02583
いよいよ実演開始です。
黄色い車体がゆっくりと近づいてきます。

DSC02593
DSC02597
台車に下ろすところまで実演してくれます。

DSC02609
DSC02615
DSC02624
再び車体を上げて去っていきます。
短い時間ですが良いものが見れました。
もう二度とこういう機会はないだろうなぁ・・・

DSC02626
DSC02630
DSC02632
DSC02648
DSC02651
DSC02657
続いて台車検修場所を見学

DSC02646
DSC02647
家族連れ向けとは思えない技術的展示も。
こういうのは個人的にたまらないですねぇw

DSC02643
DSC02645
700系の台車とN700系の台車。
N700は空気ばねの周辺とか細かいところが変わってますね。
700系からの正当進化なんだなぁと実感。


DSC02654
未だに300系の整備に関する注意事項が残ってました。

DSC02660
いったん建屋から外へでます。
右側には新しい建物が。前はここに在来線の線路があって在来線車両の展示をしていましたがそれももう不可能になりました。

DSC02662
新たな建屋の建設はどんどん進んでいます。
大きく様変わりしつつありますねぇ・・・

DSC02670
工場の外れに置かれていた700系先頭車
帯が剥がされてるのが気になりますが・・・解体かな?

DSC02673
トラバーサー

DSC02675
検修用仮台車
まさかのスポーク車輪。ちなみに線路幅は在来線の幅なのでたぶん貨車とかからの車輪流用?


DSC02679
DSC02680

DSC02681
DSC02682


DSC02685
DSC02684
床下機器とかの展示。
まさかトイレの実演展示までやってるとは思わんかったw

DSC02688
DSC02692
イベントではおなじみの方向幕展示。

DSC02697
運転打ち切りとか物騒な表示を出してる車内LED表示(
なぜこれを出したし。

DSC02700
DSC02701

DSC02702
DSC02703
この辺も好きな人にはたまりませんねw
在来線展示が無くなった分、技術的面の展示が前より充実した感じがします。

DSC02705
そして浜松工場に来たなら見ておきたかった機銃掃射跡・・・

DSC02721
ちなみに車体上げに使われなかったドクターイエローの残りの車両も展示されてました。
ここもやっぱりすごい人(
まあドクターイエローなんて見たくても見れるもんじゃないですもんねぇ

DSC02722
300系のものと思われる転落防止ホロ?っぽいもの

DSC02728
そろそろ撤収準備。
あからさまな線路跡。新幹線の整備オンリーになるため在来線の線路はどんどん剥がされています。

DSC02732
新幹線用の散水車である936形散水タンク車を利用した水タンク。
前は2つあったそうですが現在残るは1つのみです。

この後は無料シャトルバスに乗り工場離脱。
まさか1時間も待つとは・・・正直路線バスで出た方が早かったなぁとかなり後悔。

DSC02741
浜松駅前に戻ってきました。
松菱新館は絶賛解体工事中。GWに最後見といてよかった・・・


この後は蒼風さんと別れ移動。

DSC_5123
向かったのはエコパアリーナ

DSC_5124
はい、この日のもう1つの目的は水樹奈々さんのライブでございますw
地元静岡でやると聞いて行かないわけにはいかなかった!

とりあえず、盛り上がりすぎて案の定翌日は全身筋肉痛でした(

というわけで本当に充実した1日でした。



↑このページのトップヘ