2月7日
今月最初の来訪。なにやらまた大きな動きが色々とあった様子・・・
DSC04838

とりあえずいつも通りJR金谷駅から新金谷駅へ。
この日のSL急行はC108の模様。今月末にもナイトトレインがあるためか
シールドビームはつけたままです。

DSC04840
新金谷にはサイクリングの団体か、自転車を持った人たちがたくさん集まってました。

DSC04841
車庫脇の裏道より。
SL検修庫付近ではC11227がボイラー整備中。
トーマスに備えていよいよ本格準備が始まるんですかね?

DSC04842
いつもの橋の上より。蒸気ドーム、安全弁が外されてるのがわかります。

DSC04844
裏手には相変わらず部品がゴロゴロ。
横ガイシの茶色くくすんだパンタグラフは間違いなく近鉄16001の遺品です。

DSC04845
車庫脇の側線はE31、7200系は前回の来訪と変化なし。
7200系の前にはC5644が。とりあえず後で見に行くことに。

DSC04847
大代側線も確認。
16001は跡形もありませんでした。あぁ、本当にいなくなってしまった・・・(
その他は特に変化なし。

DSC04853
車両区近くの公園へ。
C10は出庫準備完了のようで。あとアントからいつの間にか南海のマークが
消えていました。
しかしこの公園からSLが3台並んでるのを見れるのは結構珍しいような。

DSC04857

DSC04860
C5644はよく見るとロッドが一部外された状態でした。
C11227と並行して整備やってるようです。
夏はそれぞれトーマス、ジェームスとして大忙しになるであろう2両。
万全の態勢で夏を迎え、頑張ってほしいものであります。

DSC04864
車両とは関係ないけどプラザロコ周辺も改装中。
プラザロコは照明が一部LED化&外装の再整備、外のトイレも改装中でした。

DSC04866
一通り回ったので千頭へ向かいます。
金谷行きのホームには21001F。
最近は朝に千頭へ上がり、千頭でしばらく昼寝した後14時台の電車で新金谷へ
戻ってくる運用に充当されることが多かったのですが今日はこの時間の運用に
ついてました。

DSC04870
この日はおでん熱燗列車は無いためナロ80は外され留置中。

DSC04875
トーマスオレンジのスハフ42とオハニ36。なんとなく撮影(
オハニ36が形式上はオハ35系列の仲間ですが車体構造は
スハ43系列と同じであるのがよくわかります。
ちなみにオハニ36、椅子の形など内装もスハ43系列と同等ですが
近代化改装されておらずニス塗りの原型を留めています。
大鐵の43系列は全て車内が改装されているので、大鐵で43系列の
原型車内を見ることが出来る唯一の個体です。

このあとホームへ入線してきた近鉄16002Fで千頭へ。



DSC04879
千頭到着。前回の来訪では21001Fが寝ていたホームでは16003が。
どうやら16003が14時台の金谷行きになる模様。
おや?49616のヒロが少し前に移動してますね。

DSC04877
なーんか右に物騒なのがいますがこれは後程。

DSC04888
とりあえず飯。
千頭駅の駅そば(天ぷらそば)
美味い。

DSC04901
ふらっと歩いて撮影ポイントへ移動。
前回の来訪で撮った鉄橋近くの踏切で撮影しました。

DSC04907
右の踏切警報機にピントが合って見事に失敗写真になってしまった後追い(
あら珍しい、この冬場なのに客車5両補機EL付き。
あとでわかった事なのですが、この日は帰りの新金谷行きSLの
家山~新金谷間で団体乗車があるため5両編成だったようです。

DSC04913

DSC04918

DSC04919

DSC04920

DSC04925

歩いて再び千頭駅へ戻り入換と転車台回転を見学。
いつもご苦労様です。


さて、ようやく本題というかこの日のメインターゲット。
DSC04922
2月の頭、突然千頭に幽霊機関車が現れたと話題になったこいつ。
前回来たときは新金谷の車庫にいた部品取り車のC12 208が千頭駅に
やってきました。
なぜに部品取り車のこいつが!?っと思いましたが
この整備改装の様子を見るとトーマス関連の何かにするんでしょうねぇ。
ちょうど作業の真っ最中でした。

千頭駅構内に大型トレーラーなどが入れると思われる土地も無いですから
おそらく本線を電気機関車で引っ張って持ってきた可能性が高いと思われ。
よくまあ走って来れたもので・・・(

ちなみにこの場所には49616のヒロがいたのですが、SLを使って入換作業を行い
ヒロを手前にだしこのC12をもともとヒロがいた位置へ押し込んだとのこと。
この入れ替えのため千頭行きSLをC11190とC108の重連運転とし
C10でヒロとC12の入れ替え作業を行い、返しの新金谷行きSLはC11単機だったそうです。
なんというか色々ぶっ飛んでるなぁw

DSC04923
改めてC12 208を見ていきましょう。
フロントデッキの辺りには骨組みが組まれ形状が変えられています。
またブルーシートをかけてあるということは煙室扉も外されてるようで。

DSC04937
DSC04941

運転室の側面も切り取られています。
腐食が激しい部分は新しく鉄板を張り替えているみたい。
DSC04955

DSC04936
改装により外された部品や腐食した鉄板類。

DSC04969
この日はボイラーの上に何やら鉄骨を溶接し、円形の骨組みを付けていました。
・・・うーんなんとなくC12の変身するキャラがわかってしまったようなw

DSC04981
九州型C12の特徴であった通風口の囲いも取り外されています。
これ49616のヒロへの改装以上に大規模だなぁ・・・

DSC04965

DSC04971
元々から動態復活ではなく部品取り用機関車として搬入され
川根路の幸福の王子とも言われていたC12 208。
まさかこういう形で日の目を見ることになるとは誰も思わなかったでしょう。
正式にお披露目される日が楽しみです。

DSC04962
帰りはSL乗って帰りますよっと。

DSC04989
一番後ろだと蒸気機関車の音よりも電気機関車の唸りの方がよく聞こえるw
これはこれでまた楽しいですけどね。

DSC04994
新金谷到着。
入換を見るために橋に上がってみると、C5644が車庫脇から検修庫付近に
移動されて来ていました。
ある意味昼の光景はラッキーだったってことですね♪

DSC05000
入換中。
5両なので本線の金谷方面にかなり出てきます。
金谷に向けてさらに走ってるみたいw


DSC05009
DSC05019
C12164を出し入れするいつもの光景。
SLでSLを出し入れするなんて非日常にもほどがある光景が
ここでは毎日のように繰り広げられています。

DSC05021

DSC05023

DSC05010

あとは7200系撮ったりトラスト客車撮ったりしてこの日は撤収しました。

おわり。