1月2日

年が明けて2016年になりました。てなわけで今年一発目の大井川です。

DSC01074
いつもどおり新金谷駅へ。まずは周辺をブラブラ。なんか赤いのがいますねぇw
これは後程

DSC01075
早速ですがこの日のお目当て。
1月から雑誌「蒸気機関車EX」との共同企画ということで、C11190が九州でよく見られた門デフ姿になりました。
12月末に試運転の後、1月1日から営業運転投入、今日は営業運転2日目になります。

DSC01076
デフの交換は他の動態保存SLでも時折見られますが、大鐵では何気に初ではないかと。
しかもC11でこういうデフ交換は他の動態機でもなかった企画です。
そんな主役は絶賛準備中

DSC01086
トーマスオレンジの客車たちはまだ12月のクリスマス仕様の装飾そのままでした、編成もそのままって感じです。

DSC01094
かとおもったら金谷方の2両だけクリスマスラッピングが剥がされています。
どうやら12月末に行われたC11190の門デフ仕様での試運転に使われた時に剥がされたようで。

DSC01099
車庫脇には検査の進む16002。既に台車は検査を終えたのかピカピカでした。
この記事を書いている2016年3月現在はもう塗装まで完了していて早ければ3月中には運用復帰だとか。楽しみです。

DSC01100
そして車庫の中の赤いアイツ
DSC01101
クリスマスもトーマスと並んで外活躍だったジェームス号
運転は終わりましたがそのまま年越しを迎えましたw
顔もそのままついてますねぇ

DSC01104
ジェームスの後ろには客車が。この妻面の形は白熱灯のオハフ33 215ですね。
ちょうど検査に入ってるようです。
宮原と佐久間のが解体された今、このオハフ33 215が戦前製のオハフ33としては現存最後の個体となってしまいました。

DSC01108
大代
特に変化なしなのですぐ撤収。

DSC01111
新金谷に戻ってくるとちょうどC11190が出庫していきました。
いやぁ良いですねぇ。門デフ、サイドタンクの揺れ止め、後ろの通風口、いかにも九州のC11って感じです。
ちなみにC11190は九州の罐ではありますが現役時に門デフ装着経験はありません。

DSC01113
橋の上から。E32は相変わらず。

DSC01140
一足先に千頭に向かうためホームへ。この日の補機はED501のようです。

DSC01143
21001の普通電車で千頭に向かいます。

DSC01144
千頭到着。まだ少し時間があるのでバスを撮ります。
レインボーとエアロスター。大鐵のバスと言えばこいつらって感じですね。
レインボーは名鉄が撤退した今となっては名鉄の名残を残す数少ない存在になってます。

DSC01146
またまたエアロスター。
2台いてそれぞれラッピングが異なります

DSC01147
右の2台はずっとエアロバスかと思ったら、どうやらエアロバス車体のエアロスターというわりとわけのわからん存在。
この日は2台とも休んでました。

DSC01152
とりあえず千頭駅手前の第四橋梁へ。ここで偶然にもツイッターのフォロワーさん達と遭遇w

DSC01156
さっき乗ってきた21001の折り返し。

DSC01160
そして本命登場

DSC01171

DSC01173
謹賀新年ヘッドマークに日章旗をたなびかせながらやってきました101レ!
いやぁ、良さ(

DSC01180

DSC01183

千頭駅に戻ってきました。

とりあえずじっくり撮影タイムです。
デフ交換と一緒に顔の部分もお色直しされてピカピカですw
ちなみに近づいてみるとデフの目立たないところに蒸気機関車EXのプレートがついてましたw

DSC01190
井川線も撮影。旧塗装DD20.1両しかいないのにあんま注目されない存在(

DSC01195
ふたたびホームに戻って補機のED501との並びを。
DSC01198
お昼。
この時期限定の柚味噌おでんとカレーうどん。あったかいもの、どうもッ
特に柚味噌おでんは本当に美味いんですわ。この時期の楽しみの1つ。

DSC01201
昼食を食べ終えてもC11190はまだホームに。
はて・・・いつもならとっくに入換して転車台で向きを変えてるはずの時間だけど。。。

DSC01202
帰りはSL急行で帰る予定なのでまだ発車まで時間があります。暇つぶしにトーマスエリアへ。

DSC01207
パーシーとヒロはいつもの窒息プレイ状態ですね(マテ
しかし相変わらずヒロだけなんでこんな中途半端なかけ方なんだ・・・パーシーはしっかり全体をシートで覆われてるんですけどねぇw

DSC01214
そろそろ急行券買っておこうとホームに戻ると、まだC11190はそのまま。
何やら職員の人が機関車の回りを行ったり来たり。コンプレッサーのあたりを重点的に点検したり。
既に発車まで1時間をきっています。これは明らかにおかしい。
ホームの人達もざわざわ。


そして駅の放送でまさかの自体が告げられます。

「蒸気機関車が故障しました。現在点検作業を行っております。もし発車時間までに治らなかった場合は電気機関車による牽引となります」


まさかの車両故障。うっそでしょおい・・・


DSC01218
職員の方々が本当に色々頑張られていましたが、結局発車時刻までには修復は間に合わないと判断。
帰りは電気機関車牽引となることが放送されます。

ここで頭に浮かぶ1つの疑問。
この日の補機はED501。大鐵ファンの間では有名な話ですが、諸般の事情もろもろがあって501は通常は旅客列車の先頭に立つことは出来ません。

じゃあどうするのか?新金谷からE101でも回送してくるのか、それとも非常時の特例ということで501でそのまま旅客運用やってしまうのか・・・色々考えはめぐらせますが・・・


DSC01220

DSC01223

そうこうしているうちに客車が切り離されます。
どうやら新金谷までは5両で行くようです。

DSC01225
新金谷からE10が回送されてくる様子もなし。列車の先頭にはパンタを上げたED501.

・・・やる気だ、本当にED501牽引で旅客扱いして新金谷まで走らせる気だ!


ここでめっちゃ迷いました。
ED501、自分が一番大鐵で好きな車両。
「こいつ旅客列車牽いてくれないかなぁ」とよく妄想したりもしていました。でもそれは今現在は絶対かなわぬ夢だろううということはわかってました。それが本当に実現しようとしている。
先に撮影地に行って撮影に回ることも考えました。

DSC01227
悩みに悩んだ末に結局乗車することに。
写真は他に誰か撮るだろうということ、狙って乗れるものでもないわけですし、何よりED501が客車の先頭に立つのはまだ金谷までSLが乗り入れれたころに回送列車として何度か撮影したじゃないかってことが頭をよぎりまして。
非常事態とはいえ、大好きなED501が牽引する列車に乗れる機会は2度あるかわからないだろうという気持ちが強くなり乗車を選びました。

ちなみにEL牽引になったということでSL急行料金は不要に。既に買ってあった方は払い戻しになりました。
車内の広告はまだクリスマストーマスのままですね。

DSC01230
ホイッスルの音も高らかに千頭を発車。

DSC01263
DSC01275
夢にまで見たED501牽引の旅客列車。
正直、車両故障による非常事態であり喜ぶべきことではないというのはわかっています。
でも、目に涙が浮かぶくらい乗れたことが嬉しかった。
絶対にこんなことはないだろうと、思っていただけに余計に。


DSC01287
抜里のカーブでは案の定大勢の撮影者が。見知った顔もちらほらw
もともと門デフ目当てで来ていた方も多かったんでしょうね。

ちなみに五和あたりでE101の単機回送とすれ違いました。C11190の救援に向かって行ったようです。

DSC01291

あっという間の新金谷。ずっと夢物語として描いていたED501牽引の旅客列車に乗れたことは自分にとって色々な意味で思い出に残りました。

DSC01298
DSC01305
DSC01316
DSC01320
乗客降車後は即座に入換作業。
もともと発車時間が遅れて到着も少し遅れたのでちょっと急ぎ気味でした。


さっきも言いましたが、今回の一件はSL故障という非常事態の中たまたま実現したことであって、素直に喜ぶことは出来ません。
それでも、憧れていたED501牽引の旅客列車に乗れたということは自分にとって本当に思い出に残る出来事となりました。
このような非常事態の中対応に当たられた大井川鐵道の職員の方々、本当にお疲れ様でした。


今度は、こういう非常事態ではなくなにかイベントとかでやってくれたらな・・・という淡い期待を抱きつつも、まあ無いんだろうなぁw


ちなみに故障したC11190は車両区の方々の頑張りによって数日後には運用復帰して元気な姿をみせてくれたそうです。





・・・・が、翌月の2月16日にまた千頭駅で故障し、今度はE101による代走となったそうです。
ちょっと不安な出だしの2016年。