絶賛旅行記遅延中のブログですが、まあたまには旬のネタなうちに書かないとね(何

12月15日
静岡鉄道が1000系以来40年ぶりに導入する新型車両、A3000系が甲種輸送で静岡までやってくるということで行ってまいりました。

DSC00204
場所は富士駅。会社帰りにそのまま行きましたw
A3000系の甲種輸送はここが執着で、ここから長沼までは陸送になります。

偶然にもここで当ブログでもおなじみZBS TIMESのZeBonさんと遭遇。
いやぁ奇遇ですねぇ・・・てかなぜいるし(
なんでもおっかけしてたようで。

ホームにはまあまあな人。分散しつつ20人以上はいたかなぁ。知り合いの方も何人かいたので挨拶回り。
まあ平和ですw
鉄道ファンだけじゃなく、鉄道ファンってわけじゃないけど静鉄の40年ぶりの新車と聞いて我慢できずに駆けつけた地元民って感じの人も多かったです。
立ち入り許可証や腕章をつけた地元テレビ局や新聞社の取材も結構来てました。
SBSテレビにいたっては空撮ヘリで逗子から追っかけてくる徹底ぶり(


DSC00210

DSC00216
ZeBonさんと談笑しつつ貨物の入れ替えや211系を撮影しつつ。
静岡の211系も気付けば全部クリアテールになってましたね。

そしていよいよ到着時刻
DSC00219
DSC00221
DSC00223
PFに牽かれて滑り込んできた青と白の車体。
やってきました、これがA3000系です!40年ぶりの新型ですッ!

DSC00228
顔面はがっちり養生されてます。
甲種輸送の時は機関車次位の顔だけ養生されてる場合が多いんですが、A3000系は両側とも養生されていました。

DSC00229

DSC00291

側面。車番のフォントがカッコいい。外板はスポット溶接みたいですね。

yusou
輸送票

DSC00238
中線の方に転線
しばらくここに置かれるっぽいので細部を見ていきましょう

DSC00243

DSC00251

DSC00253
クハA3501
新清水方になる方。モーターのない制御車ですが床下機器はかなりぎっちり。

DSC00256

DSC00255

DSC00254

DSC00268

新静岡側の車両になるクモハA3001
こちらは制御電動車ですが床下はかなりすっきりしてます。
反対側にはそれなりに機器ついてるっぽいですが、クハよりクモハの方が床下すっきりしてたのはちょっと意外。
だいたいM車の方に床下機器が多く付いてることが多いような気がするし。

DSC00257
パンタ。シングルアームです。

DSC00258
妻面には窓があるっぽい。
最近の電車って妻面の窓は無いやつも多いからこれもちょっと意外。

DSC00270
台車。模型やイメージCGで噂されていましたがまさかのボルスタ付きのTS800系列の台車!
ボルスタレス台車がほとんど当たり前になっている時代にまさかボルスタ有りの台車が新造されるとは・・・
基本構造は静鉄1000系のTS812,TS813がベースのようですがフレームの形が一部変わっていたり、車軸部分が最近のボルスタレス台車と同等の構造になっているのを見ると完全な新設計の台車の様です。

DSC00269
クハとクモハで若干台車も異なってます。
クハの方のみ片側の車軸になにか機器がついてますね。

DSC00265
DSC00281
DSC00295
DSC00298
DSC00305
DSC00303
反射板が外され、牽引してきたPFが反対側に連結。このままコンテナヤードの方に運ばれていきました。

DSC00313
この日はこんな感じで留置されて作業終了。
警備の人達が10人くらいいて結構厳戒態勢って感じでした。
この後はZeBonさんとぶらついた後解散。
しかしこの辺軽く飯を食える店がほとんどなくて飲み屋ばっかなのね(

翌日の夕方からポールトレーラーに積まれ、長沼車庫に搬入されました。
陸送に関しては見に行ってないです。翌朝仕事で早かったし(


で、搬入された後の17日。
会社の帰りに足を伸ばして長沼に寄り道。

DSC00335
この日の午前中に線路に乗せられたそうで。
まだ顔の養生は外されてませんが、通電試験が行われていました。
甲種の時にはついてなかったスカートも取り付けられています。

DSC00341
ヘッドライト、テールライトともに点灯中。てか、テールライト顔の真ん中のあそこだったのね。
てっきりヘッドライトと同じ場所に仕込まれてるのかと思ってたw

この翌日の18日、A3000系は無事報道公開が行われ正式にお披露目されました。
来年3月の運用開始が待ち遠しいですね。